床の張替え時期は大丈夫?フロアタイルの流れなどについて解説!

床の張替え時期は大丈夫?フロアタイルの流れなどについて解説!

床の張替え時期は大丈夫ですか?どうしても、時間の経過によって床は傷んでいきます。そこで、さまざまな床の種類がありますが、どんなものを張り替えるべきなのか、それとも今張り替えるべきなのか?色々な悩みがあるでしょう。そこで今回は、フロアタイルに注目して解説していきます。

フロアタイルとは何か?

フロアタイルは、PVC(ポリ塩化ビニル)素材で作られたタイル状の床材です。その素材名に由来して、塩ビタイルとも呼ばれています。実際の素材と見分けがつかないほどの高いデザイン性と、簡単な施工方法から、DIYユーザーにも人気があります。リフォームやリノベーションの際にもよく耳にする言葉です。このフロアタイルは丈夫で、履物を履いたままでも使える床材です。そのため、一般の家庭だけでなく、オフィスや店舗などでも利用されています。

クッションフロアとの違いは何か?

クッションフロアとフロアタイル、二つの床材の違いについてご紹介します。この二つは似たような性質を持ちながらも、その違いについて疑問をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。主な違いは形状です。フロアタイルはその名の通り「タイル」の形状をしており、一枚一枚のサイズが決まっています。細かい場所にも敷くことは可能ですが、タイルを一つずつ並べていく手間が必要となります。一方、クッションフロアは「シート」として提供されるのです。

大きな生地となっており、広い場所に一度に敷ける利便性があります。ただし、細かい場所には向いていません。これらの違いを考慮しながら、ご自身の使用目的や好みに合った床材を選ぶことが重要です。自分のライフスタイルやインテリアスタイルにマッチした床材をお選びください。

フロアタイルのメリットとは何か?

フロアタイルのメリットとは何か?

フロアタイルのメリットはいくつか存在します。ここでは、そのメリットについて解説していきます。

豊富なデザイン性

フロアタイルは、多様なデザインのバリエーションがあります。ヴィンテージ風の木目調や美しい石目調など、さまざまなスタイルが豊富に揃っているのです。タイルの表面には凹凸があり、素材感を感じられます。そのリアルな質感は、まるで本物のように見えるほどのものです。また、フロアタイルを一枚ずつ敷くことで、さまざまなパターンやヘリンボーン柄などのデザインを楽しむこともできます。自分のセンスやインテリアの雰囲気に合わせて、タイルを組み合わせることで独自のスタイリングが可能です。フロアタイルの豊富なデザイン性は、床面に魅力的なアクセントを与えるだけでなく、空間全体の雰囲気を引き立てることもできます。自分の好みやライフスタイルに合ったデザインを選び、快適で美しい空間を作り上げましょう。

手軽なリフォーム

フロアタイルは床のリフォームに手軽に利用できます。比較的安価な床材であり、フローリングなどと比べてもリフォームの負担は少ないのです。フローリングを張り替える場合は、プロに依頼する必要があり、作業にも数日かかってしまいますが、フロアタイルならば業者に頼まずに1日で施工することも可能です。DIYでのリフォームを検討している方にとって、フロアタイルは便利な選択肢となるでしょう。

容易なメンテナンス

フロアタイルのメンテナンスは非常に簡単で、一度貼り付けると長期間にわたって美しい状態を保てます。水や油の汚れに対しても優れた耐性を持ち、簡単な拭き掃除ですっきりと落とせます。頑固な汚れが付いた場合でも、中性洗剤を使えば簡単に取り除けるのです。また、フロアタイルは部分的に汚れたり傷ついたりした場合でも、その部分だけを取り替えられます。これに対して、クッションフロアは全体を張り替える必要がある場合があり、経済的な観点からもフロアタイルは優れた選択と言えます。

フロアタイルは汚れや食べこぼしもワイパーや雑巾で簡単に清掃できるため、ダイニングルームにもおすすめです。素材自体が硬く丈夫であり、耐摩耗性にも優れています。そのため、室内だけでなく、オフィスや店舗など土足での歩行が頻繁な場所にも最適です。当社のオフィスエントランスにはフロアタイルを使用しており、スタッフやお客様の往来が激しい場所でも傷がつきにくいのが特長です。さらに、家具の下に敷くことでフローリングの傷を防止することもできます。土足で使用できるため、玄関にも最適です。快適な歩行感と耐久性を兼ね備えたフロアタイルは、床の張り替えにおいて優れた選択肢となることでしょう。

フロアタイルのデメリットについて

次は、フロアタイルのデメリットについても紹介してきます。

敷くのが難しいと感じてしまう

フロアタイルを一枚一枚敷く作業は、初めての方にとっては少し難しく感じるかもしれません。しかし、実際には敷くポイントさえ押さえておけば、簡単に美しい仕上がりを実現できます。たとえば、部屋の中心から十字に敷くという方法があります。この基準線を作れば、その後は隙間なくタイルを敷くだけです。まるでパズルを組み立てるような楽しさを感じながら、フロアタイルを敷いてみましょう。

隙間から水が入ることがある

フロアタイルのデメリットとして、継ぎ目から水が侵入する可能性があります。とくに水の多い場所に敷く場合には注意が必要です。しかし、この問題にも解決策があります。吸着タイプのフロアタイルや耐水性のあるボンドを使用することで、隙間からの水の浸入を防げます。キッチンやトイレ、洗面所など湿気の多い場所にフロアタイルを使用する際には、適切なタイプのものを選ぶようにしましょう。

クッション性にやや欠ける

フロアタイルは硬めの素材で作られているため、クッション性にはやや欠ける傾向があります。とくに長時間座って過ごす場所や、転倒時の衝撃吸収には注意が必要です。しかし、この問題も工夫次第で解消できます。床に座る部分にはクッション性のあるラグを敷くなどの方法を試してみましょう。また、フロアタイルの他の利点やデザイン性を考慮し、クッション性の少なさを補うことも重要です。

まとめ

床の張替えは、お部屋の雰囲気や使い勝手を大きく変えられる重要な要素です。「名取景雲堂株式会社」では、お客様のニーズや予算に合わせた最適な提案を行います。お客様のご要望を丁寧にお伺いし、最高の結果を実現するために努力いたします。ぜひ、当社の床の張替えサービスをご利用ください。心地よい床で、快適な空間を実現しましょう。お客様のご要望にお応えするため、親切丁寧な対応と確かな技術を提供いたします。お気軽にお問い合わせください。

2024年6月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
お見積もりは無料になっております。些細な事でもお気軽にご相談ください。
電話番号: 0120-963-878
メールでのお問い合わせ
ページ上部へ