内装リフォーム工事と内装工事の違いは?それぞれの工事内容をご紹介

内装リフォーム工事と内装工事の違いは?それぞれの工事内容をご紹介

内装リフォーム工事と内装工事は、どちらも内装の工事と、同じ意味で捉えている人も多いでしょう。しかし、内装リフォーム工事と内装工事の定義は、異なります。家を建てたり改装したりする場合、それぞれの工事内容について知っておく必要があります。ここでは、内装リフォーム工事と内装工事の違いとともに、それぞれの工事内容について詳しくご紹介しましょう。

内装リフォーム工事と内装工事の違い

内装リフォーム工事と内装工事は、どのような違いがあるのでしょう。それぞれの定義は、以下の通りです。

内装リフォーム工事とは

内装リフォーム工事は、既存の建物や部屋の内装を改善・修復が目的として行われます。住み始めてから10年ほどを目安に行われることが多く、内装のデザインや機能性を向上させるために行われる作業です。

内装工事とは

内装工事は、新築建築や建物の大規模な改修における内部空間の構築を目的としています。つまり、建物の骨組みや基本構造が整った状態から内部空間を造る作業です。壁の造作やパーティションの設置、床の施工、天井の取り付けなど、建物内部の仕切りや仕上げを行います。

内装工事の工事内容

内装工事の工事内容

内装工事では、主に次の7つの工事が行われます。

軽鉄工事

軽鉄工事は、空間を区切るための天井や床の内装材料として、軽量鉄骨を使用する工法です。軽量鉄骨は、鉄骨と比較して軽く、加工や施工が容易であり、建物の構造や耐熱性にも優れているのです。軽鉄工事は、主に商業ビル・オフィスビル・住宅などの建物で利用されます。利点は、施工のスピードが比較的早く、コスト効率も高い点です。また、内装の仕上げやデザインにも柔軟性があり、さまざまなスタイルや用途に対応できます。

ボード工事

内装工事のボード工事は、建物や施設の内部の壁面や天井にボード材料を使用して仕上げる工事を指します。ボードは、石膏ボードやセメントファイバーボードなどの建材を指すことが一般的です。ボード工事は、内装の壁面や天井を平滑な仕上がりにするだけでなく、断熱性や防音性の向上、耐火性の確保などの機能を持たせることが可能です。また、柔軟性があり、さまざまなデザインやスタイルに対応できます。

クロス工事

クロス工事は、建物や施設の内部の壁面に壁紙を貼る工事が該当するのです。内装の設計やデザインに基づいて、クロスの種類や色・貼り方などが決定され、その後壁面の下地処理が行われます。壁の表面が平坦でない場合や傷や亀裂がある場合は、補修や補強が行われます。また、防湿シートや断熱材の設置が必要な場合もあるでしょう。クロスは汚れや傷を防ぐだけでなく、断熱や防音の効果も持たせることも可能です。

塗装工事

塗装工事は、建物や施設の内部の壁面や天井、床などに塗料を塗る工事が該当します。内装の仕上げ工程の一部であり、建物の美観や保護、耐久性の向上を目的として行われます。壁面や天井にはエマルジョン塗料、床には床用塗料やウレタン塗料が使用を使用するのが一般的です。また、特殊な用途やデザイン要件に応じて、防汚性・防カビ性・防火性などを備えた塗料も使用されます。塗料の色やパターンの選択によって、内装の雰囲気やスタイルを演出できるでしょう。

左官工事

左官工事は、建物や構造物の内装や外装において、壁面や床面などの仕上げを担当する建築工事です。具体的には、壁面や天井にモルタルやレンガ、石材などを施工し、平滑な仕上げや装飾的な表面を作り出します。

床仕上げ工事

内装工事の床仕上げ工事は、建物や住宅の内部空間の床面を仕上げる作業が該当します。床仕上げ工事は、床面の美観や利便性・耐久性を向上させるために行われます。適切な床材と施工方法を選ぶことで、快適な室内環境を作り出せるでしょう。

木製建具工事

木製建具工事とは、建物の内部の装飾や機能を目的として、木製の建具を設置・取り付ける作業が該当します。木製建具は、ドアや窓枠・フローリング・階段の手すりなど、建物内部のさまざまな場所で使用され、機能的な役割を果たすだけでなく内装のデザインや雰囲気にも大きく影響を与えます。

内装リフォーム工事の工事内容

内装リフォーム工事の工事内容

内装リフォーム工事の内容は、次の4つになります。

壁紙の張り替え

壁紙の張替えとは、既存の壁紙を取り外し、新しい壁紙を貼り付ける作業です。壁紙は、部屋の雰囲気やスタイルを変えるために使用される装飾材料であり、壁面を保護し、美しく仕上げる役割を果たします。

床材の張り替え

床材の張替えとは、既存の床材を取り外して新しい床材を敷く作業のことです。室内の雰囲気やデザインを変えるために行われることが多く、また、古くなったり傷んだりした床材を新しいものに置き換えることで、美観や耐久性を向上させることも目的としています。

間仕切りの設置・変更

間仕切りの設置・変更は、建物や部屋の内部空間を仕切るために行われる作業です。これによって、大きな空間を複数の小部屋に分割したり、既存の仕切りを変更して使い勝手の良い空間を作り出したりできます。壁やパーティションを設置したり、スライドドアや引き戸を設置したりして行うのが一般的です。

水回りのリフォーム

水回りのリフォームは、住宅や建物の内装リフォーム工事の一部であり、主にキッチンやバスルーム・トイレなどの水回りの設備や配管を、改修・更新する作業を指します。快適な生活環境の確保や衛生面の向上を目的として行われるほか、設備の効率化やエネルギーコストの削減なども考慮されます。

まとめ

内装リフォーム工事は既存の内装を改善するための作業であり、内装工事は建物の内部空間を新たに作り上げるための作業です。適切な工事を行い、快適な空間を作りましょう。

「名取景雲堂株式会社」は、長野県諏訪を拠点として、リフォーム業務を承っております。実績豊富な職人が、責任を持って快適な空間へとリフォームいたします。リフォームに興味をお持ちの方は、お気軽にご相談ください。

2024年3月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
お見積もりは無料になっております。些細な事でもお気軽にご相談ください。
電話番号: 0120-963-878
メールでのお問い合わせ
ページ上部へ