内装リフォームで最新の快適ライフをゲット?その理由を解説!

内装リフォームで最新の快適ライフをゲット?その理由を解説!

住宅の壁や床から浴室やトイレにキッチンなど、室内設備を総称して「内装」といいます。そんな内装も新築後、10年~15年経過すると内装が経年劣化し傷んできます。

内装リフォームは壁や床などを個別にリフォームすることも、また、室内設備すべてをまとめてリフォームすることも可能です。リフォームにあわせて最新設備を導入することもできます。今回はそんな内装リフォームについて解説します。

そもそも内装とは

内装(ないそう)とは、住宅内部のあらゆる装飾や設備を指します。具体的には家具や道具を除く、壁や天井に床やカーテンにブラインドなど、室内装飾や浴室設備にトイレなどまで、室内設備全般が内装にあたるのです。一般的な建築物の工事では、内装に取り掛かるのは住居の構造部分が完成した後です。内装は建築基準法により、安全性を維持のために、「内装制限」という制限が定められています。3階建て以上の建築物、または、台所や浴室で火気を扱う場合は、内装を不燃性や難燃性の建材を使用しなくてはなりません。

また、内装工事を実施する業者は、国家資格などの専門的な知識と技術を有したうえで、建設業許可も必要です。そのような、厳しい基準をクリアして内装は工事されますが、時間の経過で劣化します。

時間の経過で内装リフォームは必要に

新築後、10年から15年経過すると内装は劣化します。とくに、水回りといわれる浴室関連設備や、キッチン設備は消耗したり、故障したりすることがあるでしょう。とくに、トイレや浴室は毎日使用するだけに確実に劣化しています。実際には、住宅が建っている地域や地形の影響もありますが、建築当初に比べると劣化していることは否めません。

そこで、必要になってくるのが内装のリフォームです。内装リフォームについては、傷んだ箇所を修理し原状回復するだけでなく、最新の設備に入れ替えることもおすすめです。一般的に新しい設備は省エネ性能がアップし、節電や節水効果が高くなり、次のリフォームまでの長い期間で考えると、経済的メリットが見込めます。それでは具体的に内装のなかでリフォームをおすすめする箇所について、以下で詳しく紹介します。

クロスとフローリングのリフォーム

クロスとフローリングのリフォーム

住宅のなかで広い範囲を占めるクロスとフローリングのリフォームは、住宅のリニューアル効果が抜群です。両方を変えるだけで、劣化していた住宅が新しい内装に生まれ変わります。リフォームの効果が現れやすい部分です。

クロスのリフォーム

「クロス」は壁紙の事です。壁紙は布や紙が使われている場合もありますが、一般的には、塩ビ素材のビニールクロスが使用されています。また、喫煙習慣があるお宅では、間違いなくクロスが黄ばんでいるでしょう。クロスの張り替えは、クロスの劣化や汚れが目立ってきたり、破れたりしたときにも実施します。ただ、一般的な張り替え期間の目安は、塩ビクロスの耐用年数が6年といわれており、6年以上経過したら張り替えを検討する時期と考えましょう。

フローリングのリフォーム

フローリングは、住宅の多くの場面で見られます。住居が建つ場所の気候や家族の数、部屋の使い方などにより劣化は異なりますが、それでも確実に傷む部分です。重い物を落として床材に傷がついたり、床材が剥がれたり、反りが出てきたりしたら、フローリングの張り替えを検討する時期です。木材を使用するフローリングの耐用年数は、15年~20年で、同時に張り替え時期の目安になります。

水回りのリフォーム

住宅の内装のなかで劣化が早いのは、水回りといわれる、トイレや浴室です。どちらも故障する前にリフォームが必要です。どちらも少しの不調を放っておくと、大きな水漏れ事故を引き起こすことがあります。時間が経過した住宅の水回りは注意が必要です。

トイレのリフォーム

日本のトイレ設備は世界一といわれています。外国から来た観光客が自国に取り寄せることもあるそうです。暖房便座や省エネタンク型の水洗トイレなど、10年以上経過したトイレのリフォームにおすすめです。最近、トイレリフォームで重要視されているのが、省エネとバリアフリーでしょう。とくに急速に高齢化が進む日本では、トイレの入り口の段差をなくし、手すりをつけましょう。さらにカバーが人感センサーで上がり、暖房のスッチが入るタイプはおすすめです。今は必要ないと思えるトイレの機能も将来に備えて準備しておきましょう。

お風呂のリフォーム

リフォームを必要とするお風呂を大別すると、在来浴室とユニットバスの2タイプになります。在来浴室の多くはタイル張りの浴室です。ユニットバスは工場で成形したパーツを現場で組み立てて浴室を完成させるバスです。在来浴室は昭和からある浴室工法で、20年くらい使い続けると、タイルがひび割れを起こし、目地が弱ってきます。水漏れが起きたり、浴室の床が反ったり、不調が発生することもあります。お風呂のリフォームは在来浴室を、工事が簡単なユニットバスに入れ替えするケースがほとんどです。

まとめ

まとめ

内装リフォーム工事は新築後一定の時間を経過した住居の、クロスやフローリングから、トイレに浴室やキッチンや玄関まで、住宅のさまざまな箇所がリフォームの対象になります。内装リフォームを実施すると、住宅の見栄えが良くなり、使い勝手がよいマイホームへ変身するでしょう。

「名取景雲堂株式会社」は、長野県諏訪郡富士見町にあります。創業80年、地域密着型のリフォーム会社として頑張ってまいりました。障子や襖の張替えなどの小さな修繕から、内装リフォーム全般も承ります。弊社は住まいのことであれば、どのようなことでも相談できる「お家の相談役」を目指してきました。常に「お客様目線」を心掛け、より良い暮らしをご提供する丁寧な施工を心がけております。住宅にかかわるどのようなことでも弊社まで、お気軽にご相談ください。

2024年3月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
お見積もりは無料になっております。些細な事でもお気軽にご相談ください。
電話番号: 0120-963-878
メールでのお問い合わせ
ページ上部へ