2020年07月

ブラインドの取り付けです

いつかの現場です。

住宅の新築工事の際に、窓回りのブラインドの取り付け工事のご依頼を頂きました。

こちらのブラインドはプリーツスクリーンブラインドといいまして、和紙に似たビニールを

コーティングした紙をブラインドの幅で折りたたんだ状態でできたブラインドで、上下2段になる仕様の

プリーツスクリーンブラインドの取り付けでした。

2段になっている種類ですので上になっている部分の色はもちろん下までほぼ同じ色になります。

下になっている色ももちろん上まで上がります。

商品的に全部を上にまとめた時には畳み代ができ約15CMくらい垂れ下がってしまい窓の有効開口が

取れなくなってしまう可能性があるので、その分上にずらして、窓の開口に干渉しないようにして

取りつけました。

窓の枠中に取り付けましたが、あらかじめ窓枠の大きさをブラインドの畳み代分だけ大きくしてもらいました

工事中にオーナー様が見に来られて、操作の説明をして操作もしてもらいました。

カーテンと違い結構スマートな見た目で、とっても喜んでいただけました。

ありがとうございました。

感謝。

長野県塩尻市のカーテン工事のことなら

名取景雲堂(株)にご相談ください。

 

 

アパート原状回復

アパートの原状回復工事に行ってきました。

15年ほど入居をされていたそうで、壁紙がかなりの汚れ具合でした

台所は油汚れが壁紙にかなり染み付いてしまい変色しています。

洋間も隅っこが汚れが全体に染み付いています。

洋間は、家具などの裏側は特に結露や掃除が行き届かないこともあり汚れが特にひどくなります。

全体に汚れがついて黒くなってくるのですが壁紙全体がだんだん黒っぽくなってくるので

普段住んでいる時はあまり気になりません。

退去する際に、荷物を全部どかすと、アレッてぐらいに変色しているのに気づくことがほとんどです。

壁紙を張替たあとの状態です。

壁紙の白さが一目瞭然に変わりますね^^

こちらのアパートの原状回復工事は天井の壁紙も張り替えました。

天井は照明器具の取り付けてあった部分が照明器具の熱で意外と黒っぽくなってしまうので

照明器具を外すと以外に気になる部分です。

工事完了後に大家さんが完了検査に来られましたが、壁が綺麗になり張替前と全く違うので

すごく喜ばれました。我々もお困りごとが解決して喜ばれることが無いよりも嬉しいです。

ありがとうございました。

感謝。

長野県諏訪地方の

アパートの原状回復工事のことなら

名取景雲堂(株)にご相談ください

 

 

ボーリング場の改装工事

いつかの工事です。

宿泊施設の付属のボーリング場の改装工事です。

こちらの施設は何回も改装工事をされています。

施設も古いせいかあちらこちらが剥がれていたので改装工事になりました。

天井が高いので足場を作っていただき工事をしました。スコア用のモニターは取り外せないので

そのままでの施工です。

照明器具の取り付け工事も終わり、足場も撤去され改装した天井ができました。

お客様の喜ばれる笑顔は本当に嬉しいですね。

ありがとうございます^^

 

天窓のブラインド工事

とある施設の天窓のブラインドの取替工事をしました。

ブラインドの羽が破損して機能しなくなっています。

新しいブラインドに取替工事中です。

ブラインドはこの天窓のメーカーの専用部品のブラインドです。

天窓にたまったゴミを処理しながら取り付けしました。

さすが天窓メーカーの専用部品です。ピッタリサイズです。

施設の方に喜ばれました。

ありがとうございました。

ブラインドの修理取替工事のことなら

名取景雲堂(株)にご相談ください。

 

 

天井裏のできごと

いつかの現場です。

山梨県北杜市の別荘での出来事です。

オーナー様に壁紙の張替をご依頼いただき訪問しました。

天井からカサガサ音がするというご相談も頂き天井裏に上ってみました。

そしたら。。。

天井裏の断熱材があちこち破けています。

屋根裏の隅には大量の糞が。。。。

匂いもひどくて、どうやらハクビシンというジャコウネコ科の動物が入り込んでいたようです。

よく住宅の屋根裏とかにネズミと同様に入り込む種類です。

この状態を改善するにはまず床下とかの穴を塞ぎ、餌になってしまう生ごみとかを外に置かないようにすれば

かなり改善されます。

あと、天井裏は断熱材の入れ替えをすると臭いはかなり軽減されます。

糞が溜まっていたところは、天井のボードから壁紙まで染みているので汚染されている所は

全部落として撤去したのちに新たに下地を作ります。

断熱材を入れてボードを張り直します。

そして壁紙で仕上げます。

ハクビシンの進入路を塞いだので天井裏からの異音は解消されました。

ご依頼いただきありがとうございました。

壁紙の張り替えに関連したお困りごとは

名取景雲堂(株)にご相談ください。

和室の塗り壁から壁紙に変更

いつかの現場です。

和室の左官屋さんが塗った壁が経年劣化により触るとボロボロ落ちてきてお掃除するのが

大変で・・・というお困りごとを相談された時の工事です。

基本、壁紙を張る時は左官屋さんの塗り壁は落としてしまうか、そのまま全面下地調整して

仕上げてしまう方法がほとんどですが、触ってボロボロ落ちてくる壁の場合は落としてしまうと仕上げ材が

埃のようになってそこら中に飛び散ってしまうので、現状の壁の上にベニヤを張って壁紙の下地にする方法をとりました。

そうすることによって、砂壁の細かく飛び散る砂が防げるので、部屋の中が埃っぽくなくて良いです。

 

お部屋の中と階段部分もベニヤ板で下地作りです。

ここから、壁紙の仕上げです。

白い壁紙仕上げです。

下地をベニヤ板にすることで、じかに左官仕上げの上に下地補修して施工すると、時間が経つと左官壁ごと壁紙が剥離してきてしまいます。

なのでベニヤ板の下地は壁紙を和室にはる場合には、かなり有効な手段です。

時間が経っても剥離してきませんから良いです。

和室の左官壁をクロス仕上げに変更をお考えの場合は参考にしてみてください。

和室の改装工事をお考えなら

名取景雲堂(株)にご相談ください。

 

2020年7月
« 6月   9月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031