賃貸の床材は何がいい?カーペットなどへ床材の張り替えリフォームを解説

賃貸の床材は何がいい?カーペットなどへ床材の張り替えリフォームを解説

賃貸のオーナーにとって、物件の補修は入居者の快適な生活のために必要不可欠な責務です。それと同時に、補習の際に新たなリフォームを加えることで物件の価値を高めることもできるのです。今回は床材にスポットを当て、床材リフォームのタイミングや賃貸で多く使われる床材の特徴、張り替え方法などを解説していきます。

賃貸オーナー必見!床材リフォームのタイミングとは?

自宅とは異なり、賃貸の部屋の状態を把握するのはオーナーにとっては難しいものです。床材の寿命は、フローリングでおよそ10年から15年、クッションフロアでおよそ10年だと言われています。しkあし、具体的な床材の状態は入居者が退去するタイミングで確かめたり、場合によっては入居者にヒアリングしたりして把握するようにしましょう。また、入居者から次のような報告があった場合も、リフォームのタイミングだと言えます。

・床がきしむ
・床に凹みや傾きが感じられる
・歩いたときに床が鳴るようになった
・フローリングが剥がれてきた

フローリングだけじゃない!床材の種類と張り替え方法

フローリングだけじゃない!床材の種類と張り替え方法

床材を張り替える際に、フローリングから別の床材に張り替えることも検討してみましょう。フローリング以外の床材の種類と張り替え方法を紹介していきます。

クッションフロア

クッションフロアとは、ビニル製のシート状になった床材となります。リアルな木目調や石目などデザインが豊富で、フローリングだと間違う人もいるほどです。クッション性があるのが特徴です。裏打ち材にビニルや不織布が使われているほか、薄いスポンジが使われているものもあります。汚れてもふき取りやすく汚れにくいのがメリットですが、柔らかいので傷や家具の跡が付きやすいのはデメリットでしょう。

ロール状のシートを床に貼るだけなので、簡単に施工できます。

フロアタイル

塩化ビニルでできたタイルのことで、クッションフロアと同様にデザインが豊富にそろっています。タイル1枚のサイズも豊富で、賃貸の床に多く使われている床材です。

クッションフロアと比べてフロアタイルは硬質なので傷がつきにくく、傷がついたり汚れてしまったりしてもその箇所だけ剥がして交換できるのもメリットです。ただし遮音性はないので、とくに賃貸で使用する場合は他の防音対策が必要となるでしょう。また、継ぎ目にはどうしても汚れが溜まりやすいので、清掃の手間がかかります。

床にボンドを塗って並べていくだけで簡単に施工でき、カッターで簡単にカットも可能です。

コルク

空気を多く含んで柔らかいコルクは、柔らかくひんやり感がないのが特徴です。室温や湿度を調整する機能があるほか、耐火性・耐水性にも優れています。また、衝撃を吸収したり防音したりする効果も期待できます。ただ、日当たりの良い場所に使うと紫外線で変色してしまう恐れがあります。また、傷がついてしまうと補修は難しいのはデメリットでしょう。

コルクの床材はシート状になっているので、既存のフローリングの床の上から貼ることも可能ですが、コルク床の施工に慣れた業者は少ないのが現状ではあります。

カーペット

カーペットは、賃貸物件に多用され続ける床材の1つです。素足でもフローリングのようなひんやり感が無く、素材や色合いもさまざまで部屋のイメージに合わせたものが選べます。遮音性も高く足音が響きにくいので、賃貸にはもってこいの床材として重宝されています。ただし、ダニが発生しやすいこと、水を弾かず吸収してしまうことはデメリットでしょう。

汚れが落ちにくいのがデメリットですが、近年ではタイルシートのようになった「タイルカーペット」というタイルが人気を集めています。タイル状に貼っていくもので、汚れた部分だけの交換が可能になるのです。

今見直されている!カーペットの魅力とは?

かつての賃貸の床材は、ダントツでフローリングが人気でした。そしてカーペットは昭和60年代のマンションでは多く使われていたものの、掃除しにくい、ダニなどが発生しやすく子どものアレルギーの原因になるかもしれないと敬遠されるようになりました。

ところが近年、フローリングと替わってフロアタイルやクッションフロア、そしてカーペットが見直され多く採用されるようになっています。カーペットは、タイルカーペットの種類が豊富に販売されるようになり、インテリアにあわせるだけでなく主役にもできるようになりました。六角形のものを何色か敷き詰めれば北欧風のインテリアにぴったりですし、ストライプ柄のものを90度傾けて貼るのもスタイリッシュに決まります。ホテルの客室のような高級感とくつろぎを感じさせられるのが、カーペットの魅力でしょう。

汚れた部分だけ剥がして交換または洗濯できるものもありますが、価格が割とリースナブルなので退去のたびに交換するのを基本にするのがおすすめです。

まとめ

まとめ

入居者が快適に暮らせるように、オーナーは賃貸物件の床材を定期的に交換する必要があります。その際に、フローリングばかりではなく別の床材に張り替えれば、物件のイメージを大きく変えて価値を高めることも可能になります。リフォーム店と相談しながら、フローリング以外の床材も検討してみるのがおすすめです。

「名取景雲堂株式会社」では、賃貸の床材の張り替えも承っております。フローリングから別の床材への変更をお考えのオーナーさんも、ぜひご相談ください。近年人気のカーペットはもちろん、フロアタイルやクッションフロア、コルクタイルや珪藻土クロスといった特殊品への張り替えもお任せください。

2024年3月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
お見積もりは無料になっております。些細な事でもお気軽にご相談ください。
電話番号: 0120-963-878
メールでのお問い合わせ
ページ上部へ