京セラ 創業者 稲盛 和夫さんの名言

京セラ 創業者 稲盛 和夫さんの名言 です。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 私は自分のことを「夢見る夢男」と呼んでいます。 私には、途方もない夢を見る癖があります。果てしない夢を次から次へと見続け、その夢の中で事業を展開してゆくのです。 その夢を直ちに実現しようとするわけではありません。ただ頭の中で一生懸命夢を描き続け、想像し続けるのです。頭の中でのシュミレーションを、来る日も来る日も続けるのです。そのようなプロセスを経て夢は願望となっていきます。 仕事を離れている時でも、私はこの願望を常に心に抱いています。 街を歩いていると、何か私の願望に関係あるものが、強い印象を伴って目に飛び込んできます。また、たとえば込み合ったパーティーの席で、夢を実現させるためにどうしても接触したい人物が、部屋の向こうから私の注意を引きつけることもあります。 もし私が強烈な願望を抱いていなければ、このようなものはただ通り過ぎていってしまったかもしれません。 素晴らしいチャンスは、ごく平凡な情景の中に隠れています。それは強烈な目標意識を持った人の目にしか映らないものなのです。 目標を持たないうつろな目には、人生のどんな素晴らしいチャンスも見えることはありません。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 素晴らしいですね(^^   自分も見習って実践していきます。 ありがとうございます。
2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031