天井裏のできごと

いつかの現場です。

山梨県北杜市の別荘での出来事です。

オーナー様に壁紙の張替をご依頼いただき訪問しました。

天井からカサガサ音がするというご相談も頂き天井裏に上ってみました。

そしたら。。。

天井裏の断熱材があちこち破けています。

屋根裏の隅には大量の糞が。。。。

匂いもひどくて、どうやらハクビシンというジャコウネコ科の動物が入り込んでいたようです。

よく住宅の屋根裏とかにネズミと同様に入り込む種類です。

この状態を改善するにはまず床下とかの穴を塞ぎ、餌になってしまう生ごみとかを外に置かないようにすれば

かなり改善されます。

あと、天井裏は断熱材の入れ替えをすると臭いはかなり軽減されます。

糞が溜まっていたところは、天井のボードから壁紙まで染みているので汚染されている所は

全部落として撤去したのちに新たに下地を作ります。

断熱材を入れてボードを張り直します。

そして壁紙で仕上げます。

ハクビシンの進入路を塞いだので天井裏からの異音は解消されました。

ご依頼いただきありがとうございました。

壁紙の張り替えに関連したお困りごとは

名取景雲堂(株)にご相談ください。

2020年9月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930